JAPAN

「純日本製」へのこだわり

「日本製なぜ」と「純日本製」の違いはご存知でしょうか?

法律上、最終工程さえ国内で行えば「日本製」と表記できます。

一方、「純日本製」は設計から材料成形、カット、生産、検品、梱包、発送までの全ての工程を国内で行うことです。

「日本製」の製品の中には工程の大半を海外で行う粗悪な製品も多く流通しております。

なぜ海外製(日本製表記。これ以降は海外製で統一)と純日本製(これ以降は日本製で統一)のものに品質の差ができるかをご説明いたします。

サイドバイザーの差を具体的な例をもとにご説明いたします。

製品によっては海外製だから粗悪、日本製だから高品質とは必ずしも言い切れません。

それは製品により求められる精度やコストに差があることと

製品に深く携わった時間により、技術力での差がでることなどが挙げられます。

ですがサイドバイザーのように屋外で長期間使用するものは高い耐久性と精度を求められます。

サイドバイザーは自動車立国である日本の職人さんによる繊細で確かな技術力が必要不可欠です。

日本の技術を守る。繋いでいく。

和研工業は製品のクオリティー以外にも国内にこだわる理由は、日本人が長年築いてきた技術を守ることも意味します。

日本企業である和研工業が全ての工程を日本で行う「純日本製」にこだわる理由です。

日本製バイザーと海外製バイザーの差

現在国内における海外製のバイザーとは主に中国生産の物を指します。

①材料

サイドバイザーは商品の特性上、強度が重要となっております。海外製はコストを下げることを第一に考えますので、材料費がまず最初にカットされる傾向です。国内産のほうが優れていると言えます。

純国産(弊社)海外製(中国産)
耐衝撃アクリル(国内メーカー)
一般アクリル(中国産)
②両面テープ

サイドバイザーは屋内での使用が主になりますので、耐水性や経年変化しにくいなどサイドバイザーに適した両面テープで設置する必要がございます。国内産のほうが優れていると言えます。

純国産(弊社)海外製(中国産)
3M社製純正バイザー用テープ(アクリルテープフォーム)
中国産両面テープ、3M社製汎用テープ

品質を左右する開発・生産での技術力

開発方法

サイドバイザーはわずかな誤差が浸水の原因となります。純正品をコピーする海外製品。一から開発する国内生産品。コピー機で書類をコピーすると、カスレなどで細部が読みづらくなってしまうのを想像していただくと分かりやすいと思います。

純国産(弊社)海外製(中国産)
3Dスキャニング技術を用い、実際の車両から3Dデータを作成し、CGの中で両面テープ接地面やデザインを行い、図面を作成して金型を起こす。3Dスキャニング、真空成型は外注だが国内のトップメーカーで行う。国内ゆえ全ての過程で製造担当者と営業担当者が立ち会って最後の車両嵌合まで開発が可能。
純正バイザーを元にレプリカを制作。車両合わせは各代理店に依頼し、不都合があれば修正。中国で制作するので修正に時間がかかる。自社での製造開発、車両嵌合確認などは行っていない。
透明度

透明度の差は成形段階での技術力の差で出る。弊社は材料過程は国内でのトップメーカーで行っています。日本製品は確かな技術力を誇る日本メーカーの集合体とも言えます。

純国産(弊社)海外製(中国産)
高い。異物の混入は独自のノウハウ(エア溜まり対策の空気穴、静電気除去など)で極力減らし、真空成型レベルでは品質の高いものとなっている。
低い。成型過程による異物が多く、金型の筋が商品に転写していたり、樹脂の流れが残ったまま固まっているものもある。光に透かして見ると、向こう側の景色が大きく歪む場合がある。また大きな異物が目に付く。
表面
純国産(弊社)海外製(中国産)
一部の車種に波打ちはあるものの、比較的なめらか。真空成型レベルでは品質が高い。
真空成型は波打ちが目立つ。インジェクションは細かな筋が入っているものもある。
カット面

弊社は最新鋭のレザーカット機を導入しております。サイドバイザーにも最新のテクノロジーを活用し、常により良いサイドバイザーの開発に尽力しております。

純国産(弊社)海外製(中国産)
工業用レーザーでの切断。カットコストは高いが、断面を溶かしながら切断するので切口がなめらか。カット後に手作業で刃引き作業が入る。
ルーター切断。ルーターでの切断は荒く、手作業での後作業が重要。その際に断面ががたがたになり、部分によっては鋭角にとがる。またクラックの入る可能性が高い。
精度

各工程での差が最終過程での取り付け時、取り付け後に顕著に現れます。長く使用するものだけに細部の精度は重要です。

純国産(弊社)海外製(中国産)
非常に高い。3Dスキャニング技術により、タッチ面での誤差は0.01ミリ以下。設計上の取り付け不具合は現時点で0件。取付技術者の技術に左右されにくい。
非常に悪い。純正バイザー基準に作成しているので誤差が激しい。1年ほどたつと両面テープが浮き始め、水漏れ、剥がれの原因になりやすい。取付技術者の技術にされやすい。

製品への自信。

製品に絶対の自信をもつ弊社は出荷後まで責任をもって対応いたします。

保証
純国産(弊社)海外製(中国産)
3年3万キロ保証。ただし設計上の不具合のみで取り付けが原因の不具合は除きます。補修分に関しても出荷は可能です。
不明。補修での出荷は完成品として輸入しているものに関しては基本対応できない。
納期
純国産(弊社)海外製(中国産)
すべて国内で生産の為、状況に応じて細かく対応が可能です。イレギュラーな出来事が発生しても納期の短縮が可能。
中国で大量生産したものを大量ロットで国内に輸入しているので、在庫予想がしにくく、欠品リスクが高い。イレギュラーな出来事への対応期間が長くなることも。